ひろくんのアイドルとゲームを語っちゃうよブログ

まゆゆと、おはガールと、鉄道について語っているブログ。A8と同じ内容を書いています

今のおはガール(おはスタ)について真面目に考える

今、現役のおはガール小川紗季田中絵里花井之上史織の3人メンバーが24日にCD、DVDを発売、デビューすることが決まった。
CDのパッケージにはスマイレージも載っているDVD付きの今までにないおはスタプロジェクトだ。

実は自分自身、フルーツポンチの次に、グループ名が決まっていなかった「まゆ(松岡茉優)リサ(伊藤梨沙子)ヒデ(疋田英美)」が良かったと感じている。

やっぱり、まゆリサヒデの3人は初回から元気良く、おはガールになりたかった夢を実現した茉優ちゃんを中心におはスタを盛り上げていた。そして梨沙子ちゃんも英美ちゃんも少しづつながらおはスタのキャラに乗り1年目の9月ぐらいから一緒に盛り上げていた。

おはガール物語も、おはスタ放送内から行われていて、生放送でも事件や真相を考え行動するおはガール3人。その結果も生放送中に解決した。
計2週間ぐらい放送を行われていたという記憶がある。
もちろんおはガールの見せばとなるバトンも行われ、毎回楽しみにおはスタを見ていた。
おはガールの視聴者に向けた一人ひとりのバトン披露には自分自身も寄やりたくなるような積極的な態度を見せていた。

個人的なキャラで俺から見た感じでいうと、
松岡茉優ちゃんは、オチあるいはモノマネ役
伊藤梨沙子ちゃんは、顔の可愛らしさを使って視聴者を魅了、演技するもの。
疋田英美ちゃんは、奈良県出身ということでツッコミ、はしゃぎ役(元々かは知らん)。

松岡茉優ちゃん、伊藤梨沙子ちゃんの2人がインフルエンザでダウンするという前代未聞も起きた。
そして最後の立派な卒業しきを迎え、無事3人卒業した。


だが、今回のおはガールの3人、通称メープルは、初回からあまり元気なく、最初は紗季ちゃんと絵里花ちゃんはキャラ設定されていたものの、未だにそのキャラを出し切れていないような感じに俺は見える。
おはガール物語も1週間、しかも友情を確かめるバトンの練習風景のみ。

一部、おはガール名称決定の物語も数日で終了。

でも、なぜにこのおはガール3人が「まゆリサヒデ」より早くCDデビュー(ってか「まゆリサヒデ」はしていない)しグループ名も決まったのだろう。

それは某事務所所属の小川紗季ちゃんの「力」だと俺は思う。

それはなぜかと言うと、〇〇〇〇〇娘。がデビューし始めてからずっとピックアップし、ゲスト出演を中心にその関連する社長の会社の力でこのようなおはスタを手がけたのだと俺は思う。

でも、唯一言えることがある。
元気で、おはガールたちは必死におはスタ中を駆け巡っていることは間違いない。
今後のCD、DVDデビューでの新たなるメープルでおはスタを応援していきたいと思う。



今んところ、フルーツポンチの次に「まゆリサヒデ」がよかったと思います。


意見ある方、ご気楽にコメントどうぞ!!承認制です。
不可解なコメントと思われるものは消去します。